Top > NEWS > 変な形の街頭ビジョン

変な形の街頭ビジョン

  • 2009-10-28 (水) 21:48

09年10月2日
長いつきあいのある会社から連絡がありました。
横13m×5mの液晶パネルを3枚並べた街頭ビジョンのコンテンツを頼まれたということです。ついてはそのコンテンツの作り方について相談がしたいという話でした。
実は、こういう話は大得意なのです。
1999年スタートの渋谷のランドマークとなったQFORNTビル壁面ディスプレイ。立ち上げ時の運用とコンテンツ制作は弊社が行いました。
また、東京ドームのオーロラビジョンが改修して現在の大きさになったときにも、仕様作成とコンテンツ制作を行いました。

SDテレビは640×480、HDTVは1920×1080というレギュレーションがあります。いま流通している映像の解像度はもう少しバリエーションがあります。しかし、コンピュータを使うと実際のところ、どのようなサイズの映像でもコンテンツ制作・運用は全く可能です。

これから仕様やコンテンツ内容について議論があるようですが、結構わくわくしますね。
具体的になったらまた、ご紹介します。

Top > NEWS > 変な形の街頭ビジョン

Search
Feeds

Return to page top