Top > IT&Technology | 環境 > クラウドどスマート・グリッド

クラウドどスマート・グリッド

googleやamazonのビジネスモデルは大量のサーバーと回線を必要しました。そのうちサーバーの仮想化技術が登場して巨大なデータセン ターが出現。さらにサーバーを動かし、冷房する巨大な電力が必要になりました。巨大データセンターにはコンテナの中にブレード・サー バーが刺さったラックを押し込んだものがいくつも並んでいるそうです。
そしてこのインフラがサーバー能力そのものを提供するサービスを可能にしました。これは初期のインター ネットの「自律分散」型システムとは異なっています。インターネットがこういう流れになってきたのは電力の供給システム発達の歴史と類似性があると「クラウド化する世界」ニコラス・G・カー著はいいます。
電気をエネルギーとして使うようになってきた20世紀初頭にはそれぞれの工場に発電施設が併設されていたそうです。やがてエネルギー供給に特化した発電所がうまれ、送電ネットワークでエネルギーを供給するようになりました。コンセントにつなげば電力が得られるというかたちで電気はユーティリティー化したのです。
いま、回線の大容量化とクラウド化により、コンピュータ・パワーはユーティリティー化していると著者は指摘します。企業ごとにサーバーを持っていると言うことは工場ごとに発電設備を持っていた時代に対応します。発電所がうまれたようにクラウドが生まれたです。

しかし皮肉なことにアメリカで生まれた電力のネットワークはもはや古びています。アメリカで大規模停電がしばしば起こるのは大規模発電所と送電ネットワークをつぎはぎでつくってきたことの結果なのです。カスケード故障とよばれますが、これはいろんな種類のネットワークに起こる現象です。
そこで登場しているのがスマートグリッド構想です。
これまでの送電ネットワークには電力需要と供給力をマッチさせる市場のようなメカニズムがありませんでした。電力の調整は供給が行う仕組みになっている供給サイドのネットワークであり、需要サイドからのフィードバックがありません。それでたびたび需給関係のミスマッチがおこり大規模停電が発生します。
スマートグリッド構想では末端の需要者からのフィードバックを組み込むことが考えられています。しかし、それだけではありません。「スマート」になることにより小規模の、 たとえば家庭の太陽光発電や地域の風力発電も供給ネットワークに組み込めます。スマートグリッドは生命の代謝メカニズムの特徴であるホメオシタシスに近づい ています。
クラウド化の方向とスマートグリッド化の方向はベクトルとして逆になっています。しかし、両方の動きにgoogleが関与しているることは興味深い。

日本の電力ネットワークはアメリカよりも新しく発達してきたので各電力会社が供給量を緻密にコントロールしています。そのため、当初スマートグリッド構想には消極的であったようです。
しかし、地産地消エネルギーを組み込んだ未来のエネルギーネットワークにはスマートグリッド構想が必要だという判断に達したようで、先日の鳩山総理とオバマ大統領の会談でも、日米が協力してスマートグリッドの標準化を行うことに合意したそうです。

Top > IT&Technology | 環境 > クラウドどスマート・グリッド

Search
Feeds

Return to page top