Top > 宇宙開発 | 環境 > 米国の宇宙企業がHTV制御技術を採用

米国の宇宙企業がHTV制御技術を採用

HTVは10月31日に国際宇宙ステーションを離脱し、11月2日には大気圏に突入し消滅します。
HTVがISSにランデブーするプロセスは、完全自動で制御されています。これを開発した三菱電機の技術がアメリカのオービタル・サイエンス社に採用されることになりました。(2009年10月22日発表)
オービタル・サイエンス社はロッキード・マーティンとともに次期有人輸送システムの「オリオン」を開発しています。
シャトルの退役後、「オリオン」が運用されるまで「シグナス」という輸送システムが運用されますが、そのランデブーシステムにHTVの技術が採用されました。
HTVの自動ランデブーシステムは「きぼう」日本実験棟に搭載されている「近傍通信システム」を利用します。「シグナス」もそれを利用します。これにより運用コストが大幅に下がります。

人工衛星製造を提供している企業は、姿勢制御、太陽光発電などの共通部分と、目的に応じた装置を積むためのミッション部分を分け、共通部分のコストをさげるとか、共通のスケルトンを使う等の努力をしています。日本の新しい産業として発展してほしいと思います。

ちなみにHTVに採用された太陽電池パネルはシャープの製品で、変換効率30%を達成しています。このパネルは現在オーストラリアで行われているソーラーカー・レースで一位を走っている東海大学のチームに提供されています。
さらに35.8%という効率を達成したというリリースも出ています。(S)

追記:ソーラーカー・レースでは東海大学チームが一位となりました。

Top > 宇宙開発 | 環境 > 米国の宇宙企業がHTV制御技術を採用

Search
Feeds

Return to page top