Top > IT&Technology

IT&Technology Archive

クラウドどスマート・グリッド

googleやamazonのビジネスモデルは大量のサーバーと回線を必要しました。そのうちサーバーの仮想化技術が登場して巨大なデータセン ターが出現。さらにサーバーを動かし、冷房する巨大な電力が必要になりました。巨大データセンターにはコンテナの中にブレード・サー バーが刺さったラックを押し込んだものがいくつも並んでいるそうです。
そしてこのインフラがサーバー能力そのものを提供するサービスを可能にしました。これは初期のインター ネットの「自律分散」型システムとは異なっています。インターネットがこういう流れになってきたのは電力の供給システム発達の歴史と類似性があると「クラウド化する世界」ニコラス・G・カー著はいいます。
電気をエネルギーとして使うようになってきた20世紀初頭にはそれぞれの工場に発電施設が併設されていたそうです。やがてエネルギー供給に特化した発電所がうまれ、送電ネットワークでエネルギーを供給するようになりました。コンセントにつなげば電力が得られるというかたちで電気はユーティリティー化したのです。
いま、回線の大容量化とクラウド化により、コンピュータ・パワーはユーティリティー化していると著者は指摘します。企業ごとにサーバーを持っていると言うことは工場ごとに発電設備を持っていた時代に対応します。発電所がうまれたようにクラウドが生まれたです。

しかし皮肉なことにアメリカで生まれた電力のネットワークはもはや古びています。アメリカで大規模停電がしばしば起こるのは大規模発電所と送電ネットワークをつぎはぎでつくってきたことの結果なのです。カスケード故障とよばれますが、これはいろんな種類のネットワークに起こる現象です。
そこで登場しているのがスマートグリッド構想です。
これまでの送電ネットワークには電力需要と供給力をマッチさせる市場のようなメカニズムがありませんでした。電力の調整は供給が行う仕組みになっている供給サイドのネットワークであり、需要サイドからのフィードバックがありません。それでたびたび需給関係のミスマッチがおこり大規模停電が発生します。
スマートグリッド構想では末端の需要者からのフィードバックを組み込むことが考えられています。しかし、それだけではありません。「スマート」になることにより小規模の、 たとえば家庭の太陽光発電や地域の風力発電も供給ネットワークに組み込めます。スマートグリッドは生命の代謝メカニズムの特徴であるホメオシタシスに近づい ています。
クラウド化の方向とスマートグリッド化の方向はベクトルとして逆になっています。しかし、両方の動きにgoogleが関与しているることは興味深い。

日本の電力ネットワークはアメリカよりも新しく発達してきたので各電力会社が供給量を緻密にコントロールしています。そのため、当初スマートグリッド構想には消極的であったようです。
しかし、地産地消エネルギーを組み込んだ未来のエネルギーネットワークにはスマートグリッド構想が必要だという判断に達したようで、先日の鳩山総理とオバマ大統領の会談でも、日米が協力してスマートグリッドの標準化を行うことに合意したそうです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

カーシェアリング、電気自動車、リチウムイオン電池など

先日街角でティッシュを受け取ったら、なんとカーシェアリングのチラシでした。TIME24というあちこちの遊休地に駐車場を作っている会社がありますが、そこがカーシェアリングをはじめたらしい。いいアイデアだなとおもいます。
すでにオリックスなどがスタートさせているカーシェアリングですが、カーシェアリングの用途は主に街乗り用なので将来は電気自動車中心になるのでしょう。駐車場で充電させておいて、使い終わったらまた駐車場に戻しコンセントにつないでおけばいいというわけです。
長距離移動は飛行機か鉄道。行った先では電気自動車のカーシェアリング、という社会がくるのではないでしょうか。

ところで三菱自動車が発売した電気自動車はおよそ400万円。その半分が電池代だそうです。素人考えだと電池を着脱式にしておいて、自動車本体を200万円にする。電池はそのつど充電済みのものをガススタンドみたいなところで電気代だけ払って借りればいいのではないかと思っていました。
先日NHKのビジョンeという番組でも同じような疑問が出ていました。ところが独立行政法人NEDO蓄電技術開発室長 弓取修二氏の言うところによると、電気自動車における電池とはエンジンそのものなのだそうです。てっきり電池はガソリンタンクでモーターがエンジンだと思っていたのですが、モーターは電気エネルギーを回転エネルギーに変える装置にすぎないということだそうです。自動車がガソリンエンジンを着脱しないのと同じように電気自動車は電池を着脱しないのです。

しかし着脱型電池は不可能ではないようです。電池が標準化されるとそれは可能になります。しかし、ガソリンエンジンの比喩で言えばエンジン性能の差が車の価値の差になるように、現在はより能力が高くコストの安い電池の開発にしのぎを削っている段階なので、電池の優劣が性能を決めます。ですから当分、標準化が課題になってこないのだそうです。

また、これから太陽光発電が普及したら、日中に発電した電力は夜間のために電池にためる必要があります。これにもリチウムイオン電池が活躍すると見込まれています。

これからの自動車はプラグイン・ハイブリッドカー、EV、燃料電池車などいろんな方法がしのぎをけずり、進化的なプロセスが起こりそうです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ネットによる映像配信

6月に事務所の引っ越しをしたときに、それまで使っていたプロジェクターを売って42インチ・フルHDの液晶テレビを購入した。カカクcomで20万円もしない価格だった。先日時間が出来たので前から考えていた計画を実行に移した。
69000円のMac Miniを買ってきてハードディスクを真っ二つにパーテンションを切り、boot campでWindows XPをいれてデュアル・ブート出来るようにした。このマシンをDVI→HDMIケーブルで液晶テレビに接続。液晶テレビをPCのモニターにした。
こういう環境で試してみたいことがあったのだ。
まず、アップルのサイト内のQuick Time HD Galleryにおいてある、H264で圧縮されたサンプル映像を視聴した。Quick Timeの映像をフル画面にして再生してみたが駒落ちや圧縮によるディゾルブの時のブロックノイズが全く気がつかないレベル。ブルーレイをみるのと遜色がない。ブルーレイはH264で圧縮されているから当たり前と言えば当たり前なのだが、これがネット経由で送られてきているというのは感慨深い。Mac Miniのスペックは2.0GHz Intel Core 2 Duo、グラフィック・チップがNVIDIA GeForce 9400Mで初代の頃よりグラフィック性能が遙かにあがっている。圧縮されたHD画像であれば全く問題なくハンドリングできる。
次にWindowsでブートし、NHKオンデマンドを視聴した。私は月額1400円ほど払えば固定額で見逃し番組がみることが出来るというサービスに加入している。視聴料を払った上で、オンデマンドの会費を払うことに釈然としないところはあるのだが、チェックしておきたいテーマや番組だけを時間に拘束されずにみることができることはそれなりに便利である。
NHKオンデマンドのユーザー設定は結構面倒くさかった。DMRという著作権保護の仕組みが入っているため、Windows Media Playerをアップデートしなければならないのだ。私はたいした苦労はしなかったがお年寄りなどはどうなのだろうか。
NHKオンデマンドは2種類の転送速度が選べる。最高速度は1.5Mなのでそっちを選んで液晶ディスプレイで視聴してみる。Quick Timeのサイトに比べるとディゾルブや早いパンの時にブロックノイズが出るが、離れてみていればあまり気にならない。
ほかにもToutubeのHDも試してみた。画質は何とか我慢が出来る。内容に興味が引かれれば気にはならないだろう。
私がみた中ではQuick Time HD Galleryが最高品質だったが、これはPRのためなので、非常に緻密なエンコードの設定がなされている結果だろう。
一緒にみていたうちのスタッフは、「もうこれで十分ですね、しかし・・・」といってサーバーの負担の心配をしていた。
かつてはそれは大問題だった。しかし、それはクラウドを使うことで解決がつく。
クラウドの使用量はびっくりするぐらい安い。(たとえばAMAZON EC2を参照)
というわけで、これから映像のネット配信が主流になり「もう電波によるテレビはいらないかも」ということになるのでは、とスタッフと二人で話していた。
今のお年寄りは地デジに切り替わったとき、アナログテレビを捨ててテレビを見なくなるかもしれない。若い子たちはすでに可処分時間の中でテレビに費やす時間を減らしている。
TSUTAYAなどもレンタル業という業態を見直さざるを得ないし、もうすでに考え始めているだろう。(S)

ホーム > IT&Technology

Search
Feeds

Return to page top